【約束のネバーランド】あらすじ&レビュー

漫画

読みながら考えさせられる漫画【約束のネバーランド】あらすじ&レビュー

2021年1月25日

スポンサーリンク

世界的大ヒット中の【鬼滅の刃】と同時期にジャンプにて連載を開始し、同時期に連載終了。
同じ深夜枠でのアニメ放映。

同じ、鬼に対して戦いを挑む話。

 

なのにこの【約束のネバーランド】は、今一つメジャーにはなりませんでした。

それはおそらく、キャラクターメイキングの差なのでは、と私は思っています。

 

キャラクター重視の【鬼滅の刃】に対し、ストーリー(謎解き)重視の【約束のネバーランド】

どちらが勝っているとかではないと思います。

 

実際私にとっては、【鬼滅の刃】よりも【約束のネバーランド】の方が魅力的でした。

 

今日はその魅力について、書いてみたいと思います。

 

Contents

【約束のネバーランド】の概要

  • 著者:白井カイウ(原作)・出水ぽすか(作画)
  • 出版社:集英社(ジャンプコミックス)
  • 既刊:全20巻(他に小説2冊・スピンオフ1冊あり)
  • 『このマンガがすごい! 2018』オトコ編 第1位 受賞

 

主な登場人物

 エマ

いつも元気で猪突猛進・直情型の女の子。

運動神経抜群・リーダーシップ有。下の子の面倒見も良いお姉さん。

何があってもあきらめたりしない。
どんな絶望的な状況でも、希望を持って進む姿に周りが皆惹かれている。

 

ノーマン

頭脳明晰で、いつも先の先まで読んでいる。

自分よりも周りを優先することが多く、感情を表に出さずに表面上はにこやかにしていることが多い。

第一優先はエマ。
エマが助かるなら、自分はどうでもいいと思っている部分もある。

 

レイ

いつも本を読んでいる。

頭脳明晰だが、エマの考えと行動力に驚かされていることが多い。

脱獄計画の参謀役。

 

あらすじ

主人公エマは孤児。
孤児院GF(グレイス=フィールド)ハウスで10年間暮らしてきた。

 

両親はいないけれど、優しいママ(寮母イザベラ)がいて、友達がたくさんいて。
世界は平和だと思っていた。

けれどある時、そんな世界が偽りだったと知る。

 

ココは鬼がいる世界。鬼が支配する世界。

優しいママ(イザベラ)は、鬼側の人間であり、敵だった

自分たちは、鬼の食糧となるために飼われていただけ

 

「私達はずっと、食べられるために生きてきたの?」

 

全員でココ(GFハウス)を脱出して生き延びる。
そのための策を、エマは同い年でずっと一緒に暮らしてきたノーマン・レイと共に練ることにした。

 

そして脱獄した先で待ち受けていた”外の世界”

 

鬼たちの、そして自分たちの秘密。
1000年前に交わされた”約束”とは?

困難の果てに、エマたちが掴み取った未来とは…。

 

【約束のネバーランド】各巻の内容

1巻『GF(グレイス=フィールド)ハウス』
(初版発行:2016年12月7日)

 

  • 第1話:GF(グレイスフィールド)ハウス
  • 第2話:出口
  • 第3話:鉄の女
  • 第4話:”最善”
  • 第5話:やられた!
  • 第6話:キャロルとクローネ
  • 第7話:頼んだぞ

主人公エマたちが暮らしている孤児院GF(グレイス=フィールド)ハウス

自分たちは普通の孤児で、ココは普通の孤児院で。
外には普通に他の人間たちが暮らす世界だと思っていた。

けれど、そうではなく。
自分たちは鬼の食糧として、飼われているだけだったと知る。

 

2巻『コントロール』
(初版発行:2017年2月8日)

  • 第8話:考えがある
  • 第9話:鬼ごっこしましょう
  • 第10話:コントロール
  • 第11話:内通者(1)
  • 第12話:内通者(2)
  • 第13話:内通者(3)
  • 第14話:切り札
  • 第15話:二度としないで
  • 第16話:秘密の部屋とW(ウィリアム)・ミネルヴァ(1)

孤児たち全員でGF(グレイス=フィールド)ハウスを脱出することにした、エマ・ノーマン・レイ。

そのための策を練る中で、やってきたシスター・クローネ
監視員であるはずの彼女は、なぜかママ(イザベラ)とは違う動きをする。

彼女の真意とは?

 

そして、仲間であるはずの孤児たちの中に、裏切り者がいると知る。

裏切り者とは誰なのか? その狙いは?

 

3巻『ブチ壊せ!!』
(初版発行:2017年4月9日)

  • 第17話:秘密の部屋とW(ウィリアム)・ミネルヴァ(2)
  • 第18話:覚悟
  • 第19話:アウト
  • 第20話:”共闘”
  • 第21話:見え透いた罠
  • 第22話:餌
  • 第23話:ブチ壊せ!!
  • 第24話:下見(1)
  • 第25話:下見(2)

エマたち3人の様子がおかしいことに気づく孤児院の仲間たち。

そんな中で、シスター・クローネの真意が明かされる。

彼女とママ・イザベラとの対決。

 

そして語られるママ・イザベラの本音とは。

 

4巻『生きたい』
(初版発行:2017年7月9日)

  • 第26話:生きたい
  • 第27話:死なせない
  • 第28話:潜伏(1)
  • 第29話:潜伏(2)
  • 第30話:抵抗
  • 第31話:空虚
  • 第32話:決行(1)
  • 第33話:決行(2)
  • 第34話:決行(3)

図書室の本の中のヒントで、外の世界の協力者(ウィリアム・ミネルヴァ)がいることに気づき、希望を見出すエマたち3人。

けれどノーマンの『出荷』が決まり、エマとレイは動揺する。

 

ノーマンを助け出す策を考えるエマとレイ。
覚悟を決めた様子のノーマン。

 

果たしてノーマンを助けることはできるのか?

そして強大な敵ママ・イザベラを出し抜いて、脱獄を成功させることができるのか??

 

5巻『脱出』
(初版発行:2017年9月9日)

  • 第35話:決行(4)
  • 第36話:決行(5)
  • 第37話:脱出
  • 第38話:誓いの森
  • 第39話:想定外
  • 第40話:アルヴァピネラの蛇
  • 第41話:襲来
  • 第42話:食われてたまるか
  • 第43話:81194

何年も考え抜いた策を使って、無事に脱獄を果たしたエマたち。

しかし外の世界は、思った以上に過酷だったことを思い知る。

 

6巻『B06=32』
(初版発行:2017年11月7日)

  • 第44話:頭巾の少女
  • 第45話:救援
  • 第46話:ソンジュとムジカ
  • 第47話:昔話
  • 第48話:二つの世界
  • 第49話:教えて
  • 第50話:友達
  • 第51話:B06=32(1)
  • 第52話:B06=32(2)

脱獄の際に負った傷が元で倒れるエマ。

追手の鬼を引きつける”おとり”となったレイ。

絶対絶命の危機に陥った皆の前に現れる救い主。

彼らの正体とは!?

 

7巻『判断』
(初版発行:2018年1月9日)

  • 第53話:B06=32(3)
  • 第54話:B06=32(4)
  • 第55話:B06=32(5)
  • 第56話:取り引き(1)
  • 第57話:取り引き(2)
  • 第58話:判断
  • 第59話:好きに選べ
  • 第60話:ゴールディ・ポンド
  • 第61話:生きてみろよ

本の中に隠されたW(ウィリアム)・ミネルヴァの暗号を解き、シェルターを発見するエマたち。

そこには先住人がいた。

彼は敵なのか味方なのか?
そして彼の目的とは。

 

8巻『禁じられた遊び』
(初版発行:2018年4月9日)

  • 第62話:不死身の怪物
  • 第63話:HELP
  • 第64話:もしもの私
  • 第65話:シークレット・ガーデン
  • 第66話:禁じられた遊び(1)
  • 第67話:禁じられた遊び(2)
  • 第68話:こんなもんだよ
  • 第69話:会わせたい人
  • 第70話:かくれんぼ

シェルターに残されたW・ミネルヴァからの手紙を読み、記された”安住の地”を目指すことにしたエマたち。

やっとたどり着いた先にあったのは、さらに過酷な現実だった。

 

9巻『開戦』
(初版発行:2018年6月9日)

  • 第71話:真意
  • 第72話:CALL
  • 第73話:決起
  • 第74話:特別な子
  • 第75話:不屈の葦
  • 第76話:開戦
  • 第77話:無知な雑魚共
  • 第78話:まず一匹
  • 第79話:この一矢に定むべし

”安住の地”だったはずの【ゴールディ・ポンド】
そこには、鬼たちが狩りを楽しむために他のハウスから集めた子どもたちがいた。

鬼たちに狩られる現実に諦めず、抵抗のための準備を進めていた彼らと、エマは出会う。

そして、とうとう決戦の火蓋が切られた!

 

10巻『リターンマッチ』
(初版発行:2018年8月8日)

  • 第80話:何だよ お前!!
  • 第81話:死守
  • 第82話:猟場(かりにわ)の主
  • 第83話:13年越しの解答
  • 第84話:歯止め
  • 第85話:どうしたら
  • 第86話:戦力
  • 第87話:境界
  • 第88話:リターンマッチ

不死身とも思える鬼たちに挑むエマとゴールディ・ポンドの子どもたち。

次々と倒れる仲間たち。

そして、鬼の中でも最も恐るべき敵レウウィス大公に一人で立ち向かうエマ。

 

勝利を掴むために、エマたちが考えた作戦とは?

 

11巻『決着』
(初版発行:2018年11月7日)

  • 第89話:合流
  • 第90話:勝とう
  • 第91話:ありったけを
  • 第92話:撃ちまくれ
  • 第93話:決着
  • 第94話:全員 生きて
  • 第95話:帰ろうぜ
  • 第96話:おかえり
  • 第97話:望む未来

レウウィス大公との死闘が終わり、瀕死のエマを連れてシェルターに帰り着く面々。

皆の必死の看病で、目を覚ますエマ。

 

ゴールディ・ポンドで出会った新たな仲間たちと共に、新たな目標に向かって歩き出す。

 

12巻『始まりの音』
(初版発行:2019年1月9日)

  • 第98話:始まりの音
  • 第99話:クヴィティダラ
  • 第100話:到着
  • 第101話:おいで
  • 第102話:見つけたよ
  • 第103話:あと一手
  • 第104話:捨てる
  • 第105話:まやかし
  • 第106話:活路

外(人間)の世界の”支援者”と連絡を取るエマたち。

そして今の鬼に支配された世界を壊すための道筋となる7つの壁を探すことにする。

 

しかし、新たな敵が現れて…!?

 

13巻『楽園の王』
(初版発行:2019年3月9日)

  • 第107話:反吐が出る
  • 第108話:行かせねぇ
  • 第109話:進め
  • 第110話:すべきこと
  • 第111話:望まざる客
  • 第112話:追悼
  • 第113話:楽園の王
  • 第114話:一つずつ
  • 第115話:ジンとハヤト

※この巻は特装版(アニメ収録の際の座談会&トーク入りのイラストブック付)でした。

 

新たな敵は、鬼ではなく人間だった!

彼らの目的とは…?

 

14巻『邂逅』
(初版発行:2019年6月9日)

  • 第116話:檻への侵入(1)
  • 第117話:檻への侵入(2)
  • 第118話:対面
  • 第119話:邂逅
  • 第120話:形のない怪物
  • 第121話:よかったね
  • 第122話:本心
  • 第123話:大事な決断
  • 第124話:聞かせろよ

ようやくW(ウィリアム)・ミネルヴァとの対面を果たしたエマたち。

しかし、彼の正体は…!

 

15巻『”入口”へようこそ』
(初版発行:2019年8月7日)

  • 第125話:嘘吐きの同盟
  • 第126話:鼎談
  • 第127話:対立
  • 第128話:決めた
  • 第129話:背負うべきもの
  • 第130話:報告
  • 第131話:”入口”へようこそ
  • 第132話:誅伐
  • 第133話:あそぼ

ソンジュやムジカのように、鬼にも事情があることを知り。
鬼を全て殲滅することに抵抗感のあるエマ。

人間が食料とならずに生きていける世界を作るために、”約束”を結びなおそうとする

そのために探した”7つの壁”
入口を見つけ、中に入ったエマとレイが見たものとは。

 

16巻『Lost Boy』
(初版発行:2019年10月9日)

  • 第134話:Lost Boy
  • 第135話:捜索
  • 第136話:迷路
  • 第137話:変換
  • 第138話:鬼探し(1)
  • 第139話:鬼探し(2)
  • 第140話:来たよ!
  • 第141話:1000年前の”約束”(1)
  • 第142話:1000年前の”約束”(2)
  • 第143話:抹殺

1000年前に起きた過去と、交わされた”約束”を知るエマとレイ。

外では、鬼を殲滅するための作戦が進行していた。

 

17巻『王都決戦』
(初版発行:2020年1月9日)

  • 第144話:助けて
  • 第145話:それぞれの
  • 第146話:王都決戦
  • 第147話:積怨
  • 第148話:今行くよ
  • 第149話:証明する義務
  • 第150話:700年の悲願
  • 第151話:勝つのは
  • 第152話:刻限

鬼の中からの反乱分子。
そして王都での決戦。

最強の女王と相対する一行。

 

決戦の行方は…?

 

18巻『Never Be Alone』
(初版発行:2020年3月9日)

  • 第153話:臆病
  • 第154話:突破口
  • 第155話:復活
  • 第156話:終わりにしましょう
  • 第157話:the world is mine
  • 第158話:生まれてきた意味
  • 第159話:ありがとう
  • 第160話:足枷
  • 第161話:Never Be Alone

7つの壁の向こうで、新しい約束を交わしたエマ。

戻ってきた時には、王都決戦は既に終わっていた。

鬼たちは、ムジカの元で新しい体制を築くことになる。

 

全てが終わったと思われたその時、最後の敵が現れた。

 

19巻『満点』
(初版発行:2020年7月8日)

  • 第162話:王座(イス)盗りゲーム
  • 第163話:反転
  • 第164話:笑顔の悪魔
  • 第165話:You Can Fly!
  • 第166話:ゴーバックホーム
  • 第167話:鬼さんこちら
  • 第168話:創造主(パパ)
  • 第169話:満点
  • 第170話:共に
  • 第171話:敗北

ムジカにより、人間を食べなくてもよくなった鬼たち。

そして1000年前の”約束”により、食用児たちを管理・支配してきたラートリー家。

全てが終わろうとしている今、抗おうとするピーター・ラートリーに、エマたちは最後まで抵抗する。

そんな彼らの前に現れたのは…。

 

20巻『運命の向こう岸』
(初版発行:2020年10月7日)

  • 第172話:自由
  • 第173話:prisoners
  • 第174話:新しい世界(1)
  • 第175話:新しい世界(2)
  • 第176話:ただいま!
  • 第177話:母親
  • 第178話:人間の世界へ
  • 第179話:代償
  • 第180話:きみのすべて
  • 最終話:運命の向こう岸

全てが終わり、人間の世界へと向かうエマたち。

エマが結んだ”新たな”約束”とは?

そしてその代償とは…。

 

小説『約束のネバーランド ~ノーマンからの手紙~』
(初版発行:2018年6月9日

  • プロローグ
  • GF(グレイス=フィールド)ハウス幽霊騒動
  • エマが泣いた日
  • 鳥籠の中のNER(ネル)
  • 39人目の女の子からの贈り物

本編の中ではエマ視点が多く、あまり語られることのなかったノーマンの視点での物語。

幼い頃のエマ・ノーマン・レイの姿が描かれています。

 

小説『約束のネバーランド ~ママたちの追想曲~』
(初版発行:2019年1月9日)

  • 星空とレスリーのリスト
  • 自由の空を求めて

ママ・イザベラとシスター・クローネの過去のお話。

現在の彼女たちを形作ったものは何だったのか。

彼女たちが追い求めた幸せとは…?

 

全てが終わった後に読むと、一段と切なさが伝わります。

 

スピンオフ『お約束のネバーランド』
(初版発行:2019年6月9日)

  • 第1話:GF(グレイス=フィールド)ハウス
  • 第2話:敵(バカ)が増えた
  • 第3話:ゆっこ?
  • 第4話:内通ギルダ
  • 第5話:発進!!汽車ポッポごっこ
  • 第6話:おはぎ
  • 第7話:クローネバスター
  • 第8話:テッテレ~っつって
  • 第9話:チャーーンス
  • 第10話:ハウス一のバカ
  • 第11話:バカしかいねぇ
  • 第12話:収拾つかねぇ
  • 番外編1:日常
  • 番外編2:GP(ゴールディ・ポンド)編
  • コミックス描き下ろし:GF(グレイス=フィールド)学園

『約束のネバーランド』を元にした、宮崎周平作画によるギャグマンガ集。

 

天然すぎるエマと、エマが好きすぎて危ない方向へ向かっているノーマン。

ちょっと斜め向こうの方に行ってしまったレイ。

飛ばしすぎるママ・イザベラ。

 

それぞれが変な風にかみ合ってなくて、笑える一冊です。

 

【約束のネバーランド】レビュー

第1巻では、いきなり自分たちが鬼の食糧として「飼われている」という事実に気づくというショッキングな内容から始まっています。

いわゆる「掴みはオッケー!」っていうところ。

初めてジャンプ本誌で読んだ時に、これでガツンとやられまして。

「え?何? 何この話!?」

…と、毎週ジャンプで話を追いかけるハメになりました。

 

次々と明かされる謎に増える謎。
少しも目が離せない展開でした。

細かく描き込まれた随所のコマに伏線が張ってあって、それを見つけるのも楽しみの一つ。

久しぶりに、読みながら考えさせられる作品に出会えました。

 

謎が一つ解明されたとき、もう一度読み返して伏線を確認したり。

そんな楽しみが、この作品にはありました。

 

付けられたタイトルも、とても秀逸で。
一つ一つが深い意味を持っていると、全てが終わった今、改めて感じます。

 

頭が良すぎて、あきらめが早いレイと、エマを助けるために自己犠牲しがちなノーマン。

その二人に助けられているように見えて、実は強い意志で逆に二人を助けているエマ。

とても、良い関係だな、と思います。

 

絶対的強者に見える鬼にも、そうせざるを得ない事情があり。
様々な状況があって、現在がある。

それでもあきらめずに未来を掴み取ったエマたち。

 

ラスト近く、まさかの展開でしたが…。
きっとエマたちなら、幸せになることでしょう。

 

【約束のネバーランド】読むならコレ!

<本(紙)で読む>

 

<電子書籍で読む>

U-NEXTなら、映画もドラマもアニメも漫画も。
31日間無料でお試しできます/

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>を見る。


yahoo IDと連携ができて便利なeBookJapan
2000冊以上マンガ無料立ち読みもできておすすめ!


\古本で買うなら、品揃え豊富なもったいない本舗がおススメ/

 

【約束のネバーランド】関連する他のメディア

TVアニメ

第1期・第2期とあります。

第1期はGF(グレイス=フィールド)ハウス脱獄編(~5巻37話)まで。

【約束のネバーランド TVアニメ第1期】無料トライアルで今すぐ見る(U-NEXT)

第2期は、第1期以降を2021年1月から現在も放映中です。

【約束のネバーランド TVアニメ第2期】無料トライアルで今すぐ見る(U-NEXT)

 

レンタルするなら、取り扱い数国内最大級!
自宅まで宅配してくれる【ゲオ】がおすすめ。

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

TVアニメ【約束のネバーランド】公式サイトはこちら

 

映画

実写映画化もされ、2020年12月に公開されてます(2021年1月現在も上映中)。

映画『約束のネバーランド』公式サイトはこちら

 

映画のノベライズもありました。

約束のネバーランド 映画ノベライズ みらい文庫版 (集英社みらい文庫)

新品価格
¥770から
(2021/1/21 10:24時点)

⇒【約束のネバーランド】公式サイトはこちら

 

参考になるブログがいっぱい

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

-漫画
-,

© 2021 サクラ咲く道・別館 -夢見草抄-