【あかちゃんのドレイ】あらすじ&レビュー

漫画

子育てあるある爆笑エッセイ漫画【あかちゃんのドレイ】あらすじ&レビュー

2021年1月28日

スポンサーリンク

漫画家大久保ヒロミが実際に経験した、子育てエッセイ漫画【あかちゃんのドレイ】

赤ちゃんアルアル、子育てアルアルのあれこれが、ピロミ目線やヒヨ子目線で描かれてます。

 

エピソードの一つ一つが、もう全て

「あるよねー! そうそうそれそれ!!」

自分一人だけが大変じゃないんだ。
お母さんは、皆大変なんだ。

うなずきながら、読んでしまう。

大変な毎日で疲れてしまっても、読むと元気が出て、また頑張ろうって思える。

 

そんな素敵な作品【あかちゃんのドレイ】を、今日は紹介したいと思います。

 

【あかちゃんのドレイ】の概要

  • 著者:大久保 ヒロミ
  • 出版社:講談社(kissコミックス)
  • 既刊:全6巻

 

主な登場人物

ピロミ

作者(大久保ヒロミ)。現役漫画家。

結婚生活と育児の理想と現実のギャップに悩む。

すっかりヒヨ子(と雛子)のドレイと化している。

ちょっと被害妄想入ってます。

 

ピロキ

ピロミの旦那様。天然。

存在感が薄く、すっかり”戦力外”だと見なされている。

いつも笑っていて、細かいことが気にならない性格。

 

ヒヨ子

大久保家長女。

自らを「女王様」と見なし、ピロミを「ドレイ」だと思っている。

生まれた時からあまり赤ちゃんらしさがないが、時々あざと可愛らしいところを見せる。

 

雛子(ひなこ)

大久保家次女。

声は可愛いけど、顔はピロキ似のおっさん顔赤子。

ヒヨ子に代わって【新女王】になるために生まれてきた(と本人は思っている)。

 

あらすじ

つわりがひどすぎて、何も食べられなかった妊娠期。
母乳が出なくて悩んだ乳児期。
オムツはずしに苦戦する幼児期。

子育ては、いつだって悩みばかり。
子どもの一挙手一投足すべてに目が離せない。

そんな【あかちゃんのドレイ】な毎日でも。

母とは、子どもの笑顔一つで幸せになれる生き物なのです。

 

【あかちゃんのドレイ】各巻の内容

1巻(初版発行:2006年9月13日)

  • ドレイ1:ヒヨ子受精卵
  • ドレイ2:ヒヨ子0ヵ月
  • ドレイ3:ヒヨ子1ヵ月
  • ドレイ4:ヒヨ子2ヵ月
  • ドレイ5:ヒヨ子3ヵ月
  • ドレイ6:ヒヨ子4ヵ月
  • ドレイ7:ヒヨ子5ヵ月
  • ドレイ8:ヒヨ子6ヵ月
  • ドレイ9:ヒヨ子7ヵ月
  • ドレイ10:ヒヨ子8ヵ月
  • ドレイ11:ヒヨ子9ヵ月
  • ドレイ12:ヒヨ子10ヵ月
  • ドレイ13:ヒヨ子11ヵ月
  • ドレイ14:ヒヨ子女王、ドレイを語る
  • ドレイ15:1歳になりまちた!
  • 描き下ろし:こんにちは。大久保ヒロミです。

ずっとツワリが終わらなかったピロミ。

しかも、予定日過ぎても生まれる兆しすらない

とうとう帝王切開で産むも。
生まれたのは、”赤ちゃん”というより”赤さん”でした。

ベビー服よりもスーツが似合うような、おっさん顔。

それでもやっぱり、我が子は誰よりも可愛いのです。

 

2巻(初版発行:2007年3月13日)

  • ドレイ16:言葉を理解しよう
  • ドレイ17:パパドレイを父にする方法
  • ドレイ18:ヒヨ子保育園デビュー
  • ドレイ19:ヒヨ子・初体験
  • ドレイ20:おしゃれ女王・ヒヨ子&ピロミ
  • ドレイ21:ドレイ・侵略される
  • ドレイ22:ヒヨ子・初節句をお祝いする
  • ドレイ23:第一次ファミレス戦争勃発
  • おまけ:女王様的ファミレス活用法
  • ドレイ24:女王は猫を愛す
  • ドレイ25:聖ニコラスの贈り物
  • ドレイ26:女王デビューする!?
  • ドレイ27:ヒヨ子1歳・歩くということ
  • ドレイ28:子育て魔法の叱り方
  • ドレイ29:ヒヨ子女王・一歳児として語る
  • 描き下ろし:ヒロミの小部屋

赤ちゃんだったヒヨ子も、1歳になって言葉をしゃべるようになり。

保育園に通うようになっても、相変わらず毎日いろいろな問題を起こしてます。

 

3巻(初版発行:2007年10月12日)

  • ドレイ30:大久保家の人々
  • ドレイ31:クラブ・ヒヨ子開店しました
  • ドレイ32:ピロキ ハードボイルド!
  • ドレイ33:ドレイ面接される
  • ドレイ34:乙女とおばちゃん
  • ドレイ35:2LDKミュージカル
  • ドレイ36:女王ドライブする
  • ドレイ37:女王動物園へいく
  • ドレイ38:やさぐれ童話・シンデレラ
  • ドレイ39:女王と秘密の保育園
  • ドレイ40:2LDKホラーハウス
  • ドレイ41:皇帝ペンギンになる日
  • ドレイ42:ヒヨ子女王・謎の生き物を語る
  • ドレイ43:ヒヨ子女王・生誕2周年記念祭
  • 描き下ろし:わたしとインターネット

自分では厳しく叱っているつもりでも、全然厳しくない父ピロキ。

子どもに言うことを聞かせるために、ミュージカル女優になる母ピロミ。

大久保家は、今日もマイペースに幸せです。

 

4巻(初版発行:2008年6月13日)

  • ドレイ44:闘え! 保育園
  • ドレイ45:脂肪の耐えられない重さ
  • ドレイ46:女王のひとこと
  • おまけ:お役立ち通販サイトリスト
  • ドレイ47:女王デートする
  • ドレイ48:お母さんは50歳
  • ドレイ49:女王の3つのお祝いに
  • ドレイ50:その館でなにかが起こる
  • ドレイ51:ママドレイがサンタクロース
  • ドレイ52:ダンナの実家の歩き方
  • ドレイ53:一年の計はままごとにあり
  • ドレイ54:人類総オムツ化計画
  • ドレイ55:聖なる甘い2月のある日
  • ドレイ56:服とお金の臨界点
  • ドレイ57:ヒヨ子女王、友だちを語る
  • 描き下ろし:未確認生命体ピロキ

保育園のお友達と、ケンカしたり仲良くしたり。

子どもの世界にも色々あるのです。

そして、ヒヨ子初めての七五三。

写真館のマジックに、さすがのピロミもやられました。

 

5巻(初版発行:2009年5月13日)

  • ドレイ58:理想とドレイと10年前
  • ドレイ59:対決! テレビ vs. ピロミ
  • ドレイ60:どうする?二人目?(前編)
  • ドレイ61:どうする?二人目?(後編)
  • ドレイ62:やさぐれ童話・ひよ子の恩返し
  • ドレイ63:ドレイの生誕祭?
  • ドレイ64:恐怖! なんでなんで攻撃
  • ドレイ65:ダメ母かもしれない症候群
  • ドレイ66:激走! オムツはずしマラソン
  • ドレイ67:ヒヨ子女王、遠足に行く
  • ドレイ68:超えろ! 歯磨きの壁
  • ドレイ69:恐怖!? 何かが見えている!?
  • ドレイ70:特別急行 りんたろう
  • ドレイ71:風雲!? ヒヨ子城
  • ドレイ72:どうなる二人目!? 再び……
  • ドレイ73:つわりも二度目なら~♪
  • ドレイ74:ヒヨ子、姉の自覚!?
  • ドレイ75:ヒヨ子とドレイの4年間
  • 描き下ろし:ツワリってNANDA!?

子ども時代の一大イベント「オムツはずし」。

誰もが通らなくてはならない、そして親としてはやきもきします。

それはヒヨ子も例外ではなく。

ピロミはあれこれと策を考えます。

 

6巻(初版発行:2010年5月13日)

  • ドレイ76:出産、ひとりでできるかな!?
  • ドレイ77:つかの間の夢!? 快適姫生活
  • ドレイ78:二人目だから余裕なハズ……
  • ドレイ79:”上の子ケア”の大・問・題 !!
  • ドレイ80:恐怖!? 赤ちゃん返り!!
  • ドレイ81:新女王、雛子でちゅ
  • ドレイ82:女王の城へいらっしゃ~い!
  • ドレイ83:”下の子ケア”も大問題!?
  • ドレイ84:子どもの才能、見極め大作戦?
  • ドレイ85:ピロミのダイエット最終決戦
  • おまけ:ピロミ推薦! 二人目育児 超お役立ちグッズ!!
  • ドレイ86:二人目育児とピロキの成長
  • ドレイ87:雛子のキャラ、〇〇系?
  • ドレイ88:ピロミとピロキのなれそめは?
  • 最終話:ドレイ生活よ永遠なれ!
  • 描き下ろし:オマケまんが

さらなるドレイ道が待っているとわかっているにも関わらず。

やはり欲しくなってしまうのが、”二人目”。

 

【あかちゃんのドレイ】レビュー

子育て情報誌でこのマンガの紹介を初めて読んだ時。

余りにも面白すぎて。
吹き出すのをこらえるあまり、肩がプルプル震えてしまいました。

こちらの本に紹介されていました

0歳からはじめる教育の本 (別冊宝島 1576 スタディー)

本編を全部読みたくなって、何冊も一気に大人買い。

帰って読んで、大爆笑しました。

 

なかなか母乳が出なくて悩んだり。

寝たと思ってもすぐ起きるので、自分はなかなか眠れなかったり。

せっかく頑張って作った離乳食を食べてもらえなかったり。

そんな心折れる毎日でも、我が子の笑顔一つで全てを許してしまう。

 

「ヒヨ子が笑うと、子どものころのあたしも笑う。そういうことなのかな……。」

【あかちゃんのドレイ】2巻より

 

「すごい……子供の誕生日……。
ただ生まれた日がめぐってくる……。
それだけで無条件に幸せな気分になれる……。

毎日辛いことばかりでも……
一年のうち364日絶望しかなかったとしても……。

何があっても、この日一日だけは
必ず幸せになれる日がある……。」

【あかちゃんのドレイ】6巻より

まさしく、この言葉通りだと思いました。

 

親の苦労のあれこれなんて、子どもの笑顔一つで吹き飛んでしまう
我が子の笑顔の破壊力ってすごい、と。

そして、子どもが笑うことで、過去の子どもだった自分も笑ってる。
自分を幸せにしている。

どんなに毎日大変でも、子どもの誕生日が来るだけで、幸せな気分になれる。

それはとても素敵なことだと。
このマンガを読んで、改めて感じました。

 

母親業って、まさしく【あかちゃんのドレイ】だと思います。

自分の時間なんて殆ど取れない。

24時間365日休みなし!

それでも頑張れてしまうのは、我が子の笑顔が見たいがため。

 

何となく過ぎていってしまう日々の、ちょっとした幸せ

それらを、この作品は教えてくれます。

 

子育て中のママに、そしてパパにも。

ぜひ読んでほしい漫画だと思いました。

 

【あかちゃんのドレイ】読むならコレ!

<本(紙)で読む>

 

<電子書籍で読む>

 

 

 

U-NEXTなら、映画もドラマもアニメも漫画も。
31日間無料でお試しできます/

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>を見る。


yahoo IDと連携ができて便利なeBookJapan
2000冊以上マンガ無料立ち読みもできておすすめ!


\古本で買うなら、品揃え豊富なもったいない本舗がおススメ/

 

参考になるブログがいっぱい

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

-漫画
-,

© 2021 サクラ咲く道・別館 -夢見草抄-